PR|ウェブ記事作成の代行|

当方、ウェブライティングを初めて1ヶ月ぐらいになります。
特にライティングをやっていたとか、好きだから始めたというわけではなく、
副業としてのハードルが低く、その割にリターンが大きかった事が始めるきっかけでした。

<奥が深いライティング>
しかし、始めてみると思った以上に考える事がある事に気づきました。
文章の構成、表現の仕方、文字量に対してかけれる時間などなど・・。
正直、始めた頃は感覚作業で、闇雲に文字に起こしていました。
しかし、数をこなしていく内に、いろいろ工夫できる事がわかってきましたので、
参考になるかわかりませんが、皆様にもご紹介したいと思います。

<ライティングの流れ>
①まず最初にする事は、クライアントの指示内容を目立つところに書く事です。これがズレたり何度も読み返すとまずいので、最初に押さえます。
②書きたい事を箇条書きに書き出すです。箇条書きにする事で、入れたい文章とその文章構成に違和感などないかが早めにチェックできますし、内容がまとまらないという事も少なくなります。
③文章構成ができたら、自分の言葉でラフを書きます。最初から細かいところにこだわってしまうと先に進めないので、自分の書きやすい方法で書いて、後で見直せばいいという考えで書いてます。
④文章を見直します。その際、内容に根拠や証拠が明示できているかを意識します。数値表現できないか、言い回しができないかなど考えて書いています。

<数をこなせば気づきも出てくる>
実際に仕事を何度かこなす内に、自分に足りない事に気づいてきます。
クライアントから直接、文章作成のコツや自分の文章に対するアドバイスをいただく事もあります。
他のライターさんもウェブサイトなどで自分の思いを書かれていたりするので、何か気になる事がでてきたら調べてみるのもいいかと思います。

<まとめ>
とにかく数をこなす事が上達への道だと思います。
書くコツはいろいろあると思いますが、それが全て自分に合っているかはわかりません。
自分で実際に書いて経験する事で、身につく事がライティングには多いと思いますので、あまりリターンを意識しすぎず、とにかく書けそうなものからどんどん書く事が上達の近道ではないかと思います。

PR|貯蓄|家計見直しクラブ|オーディオ|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|GetMoney||生命保険の選び方|ショッピングカート|サプリメント|JALカード|童話|健康マニアによる無病ライフ|マッサージのリアル口コミ.com|初値予想|アフィリエイト相互リンク|内職 アルバイト|